金型加工

利用価値が高い鋳物

金

製造業と一言で言っても企業によって製造している品物の種類は異なるものです。時計や携帯電話のような精密機器、または自動車のボディなど大きな素材の製作など、それぞれの企業に特徴があるのです。しかしどの企業でも素材や原料が必要になります。例えばプラスチックを製作するためには原油などが必要不可欠ですし、金属版にもアルミニウムなどが欠かせません。目的に応じて原料を使い分けることで製品の質が高まります。

アルミ鋳物は様々な製品の部品として利用されています。軽量化を図るためには軽い金属片を利用する必要があるのですが、軽くて丈夫なアルミ鋳物はそれを叶えるのに相応しい素材だと言えます。様々な機械の部品として利用されることが多いアルミ鋳物は鋳造方法がいくつかあり、それによって特性に差が出てきます。製品に求める機能性により鋳造法を変える必要がありますが、どうしても専用の機材が必要になるので自社で鋳造を行なうとなるとコストがかかってしまうでしょう。

製造業では多くのパーツを組み合わせて1つの製品を作るという場合がありますが、自社で全てのパーツを製作するにはコストがかかりすぎてしまいます。アルミ鋳物のように様々な鋳造法があるようなものなどは専門業者に製作を依頼するのが便利です。必要な機材を揃えている専門業者であればオーダーの通りに高品質のパーツを製作してくれるでしょう。コスト削減にも繋がり、企業にとってはメリットが多いと言えます。

安全な素材

ゴールド

非常に高い性能を持っているシリコーンゴムは、様々なシーンで活用されています。どのような機能を持っており、どのようなシーンで使われているのかを知っておくとよいでしょう。

アルミキャストの特徴

吸殻いれ

アルミニウム合金を溶かして形成することで様々なパーツとして利用出来ます。アルミキャストは熱伝導性に優れていることに加え軽さや加工しやすさにも注目が集まっています。

光触媒のメリット

金貨

紫外線を浴びることで様々な特性が現れる現象を光触媒と言います。酸化チタンは光触媒の特性を活かして塗料や化粧品の素材として利用されている原料で、専門業者で取り扱っています。